会社に行けない&精神的に仕事を休みたい人だけに送る救済法を徹底解説

「あぁ、また明日も会社に行かなきゃ・・・。」

そんな毎日を過ごし「もう限界」と思っているそんなあなただけにこの記事を送ります。この記事は「精神的な理由で会社に行きたくない&もうすでに行けなくなっている」人を救済するために書かれています。

結論から言うと、そんなに自分を追い込んで会社に行く必要はありません。

会社に行かないことも、退職することも、あなたが考えているよりもずっと簡単に出来るのです。ぜひ、最後まで読んであなたの仕事の悩みを解決してください。

「精神的に仕事を休みたい ≠ サボりたい」
会社に行きたくないのはサボりではありません!

あなたは会社に行きたくない自分を責めているかもしれません。

しかし、あなただって決してサボりたくて会社に行きたくないわけじゃないのですよね?
サボるなんて、とんでもない。それはあなたが一番よくわかっているはずです。

 

「会社に行きたくても行けない」
これが、あなたの心を一番良く表すのは言葉ではないでしょうか?

あなたも、少なからず夢や希望を抱いて今の職場で働いてきたはずです。入社直後はなりたい自分を描いて、努力をしてきました。

解らないことがあれば先輩に聞いたり、自分で調べてメモに取ったり。早く帰りたい気持ちをぐっと抑えて残業した事もあるでしょう。
上司からのプレッシャーにも耐え、毎日のやるべき業務をこなしてきました。

一生懸命やってきたはずです。自分なりに、コツコツと。

でも、そんな努力は認められずに「今すぐに結果を出せ!」と責め立てられたり、理不尽な扱いを受けたり。

これでは、心が折れてしまうのも当然です。

自分なりに頑張っているにも関わらず、

  • 「そんな事もまだ出来ないの?」
  • 「がんばりが足らない!」
  • 「早くみんなに追いつかないとね」

こんな風に言われてしまうと、とても辛いですよね。

私も営業で実績が出せない中、目標達成に向けて毎日残業していたとき、上司から「頑張っているフリはしなくていいよ。数字さえ出してくれればね。」と言われて、張り詰めていた心の糸がプツンと切れてしまった事があります。

そんな上司のプレッシャーや心無い言葉にもめげずに、必死になって頑張ってきたけど、当時の私は疲れ切ってしまいました。

また会社に行って、この苦痛に耐えなくてはならないのか…そう考えてしまうと、会社に行こうとしても身体が動きませんでした。

あなたが当時の私のような状況になるのも、無理はありません。

まずは自分を責めるのを辞めましょう。

会社に行きたくない6個の理由!当てはまる人は今すぐ退職を!

心が折れて会社に行けない人から、なんとなく会社に行きたくない人まで。

以下の理由が考えられます。どれも、自分だけの努力ではどうすることもできません。今すぐ退職して環境をリセットすることをオススメします。

1. 人間関係が最悪過ぎて会社に行きたくない

人間関係が最悪になる職場の事例として当てはまるのが、「自分だけ浮いた存在になってしまう」ことです。

下記のような経験はありませんか?

周囲は新卒社員ばかり。自分だけ中途採用。
(同期・先輩後輩もみんな仲良し!自分だけ「君だれ?」状態のまま)

中途採用しかしてこなかったベンチャーで初の新卒採用
(後輩を指導する仕組みが整っておらず、新人なのにほったらかし)

周囲は女性なのに、自分だけ男性
(否が応でも、いろいろと気を使います)

同族会社で、上司・役員は親族ばかり
(身内ばかりが出世し、エコひいきされてばかり)

部下や同僚が年下ばかり
(1人だけおじさん扱いされる周囲の冷ややかな視線が…)

友人同士で一緒に起業
(業績の悪化=友人との関係も悪化)

趣味が合わない
(休日もゴルフやアウトドアに強制参加。家でのんびりしたいのに…)

・自分だけ仕事ができない
(いつまでも仕事に慣れず、周囲からポンコツ扱い)

・尊敬できる先輩・上司がいない
(こんな人になりたい!と目標になるような人が居ない)

社風・文化があわない
(毎日朝礼で社訓を大声で読み上げたり、ラジオ体操をさせられたり)

こういった最悪過ぎる人間関係も努力によって克服できるかも知れませんが、必ず環境が改善されるとは限りません。

自力で頑張り過ぎて消耗してしまう前に早く退職してしまいましょう。

2.  仕事がつまらな過ぎて会社に行きたくない

人間には向き不向きがありますが、向いてない仕事は最悪です。
初対面の人と毎日コミュニケーションを取る接客の仕事もあれば、一日中パソコンの前で作業を続ける仕事もあります。

同じ仕事でも、面白いと感じる人もいれば、苦痛に感じる人もいます。

例えば、工場の軽作業を「単純労働の繰り返しで気が狂いそう」と思うか、「コツコツと続けられるのでラク」と思うかは人それぞれです。

社内で決められた面倒な事務作業を疑問も抱えず淡々とこなす人もいれば、「こんな面倒なこと、やってられない!」とバカバカしく思ってストレスを感じる人もいるでしょう。

あなたに課せられた仕事の「難易度」と「作業量」にバランスが取れてはじめて、仕事が面白いと感じるのですが、そんなケースはなかなかありません。

この記事を読んでいるということは、今の仕事が向いていない可能性が高いです。すぐに退職して自分に合う会社を見つけることをおすすめします。

3. 残業が多すぎて会社に行きたくない

会社は人件費削減によって、余分な人員を採用しようとは考えていません。また、人手不足で人を増やしたくても増やせない会社もあるでしょう。

いずれにせよ、従業員1人あたりのやるべき事は増える一方です。
本来やるべき業務の他にも、掃除から電話の取り次ぎ、雑用に至るまであらゆる業務をこなさなくてはならないのです。

朝は掃除や朝礼の為に就業時間よりも早く出社し、モーニング残業。そして退社時間を過ぎても、高すぎるノルマを達成する為にナイト残業。

寝る為だけに家に帰っても、前日の疲れが回復する前に朝が来て…を繰り返す。

それなのに、残業代は支給されずに、精神面が消耗されていくばかり。これでは、会社に行けなくなっても無理はありません。

4. 上司からのパワハラがきつすぎて会社に行きたくない

あなたの上司は暴力を振るったり、暴言を吐いたりすることはありませんか?

極端な暴力や暴言は自分がターゲットではなくても、その場に居合わせているだけで、パワハラ被害にあっていると言えるでしょう。

上司からの暴言・暴力は被害にあってる本人だけでなく、見せしめによってその場に居合わせる全員の心を萎縮させます。

そんな上司がいる会社になんて、誰も行きたくありません。

こういった極端なケースだけでなく、陰湿な「隠れパワハラ」といったケースもあります。陰口や無視、極端な侮辱や皮肉によってストレスがかかる場合も。

上司なのに「あいつを採用したのは間違いだった」と周囲に漏らしたり、挨拶をしても無視したり。
「あいつが仕事が出来ないのは○○だからだ」とプライベートな一面を指摘されることも。

私も以前、上司から「あんな女と付き合っているから仕事ができないんだ!」と
言われたことがあります。付き合っている女性についてなんて、関係ないのに、全く失礼な話です。

趣味やプライベートで大切にしていることまで取り上げて「○○だから仕事ができない」と言われてしまうのはもはやパワハラでしかありません。

上司の本来の仕事はあなたの能力を最大限に引き出して会社の目標を達成させること。あなたにパワハラすることは仕事ではありません。

もし、あなたが上司からのパワハラを理由に会社に行きたくないのであれば、それはあなたの問題ではなく、上司を含め会社の問題です。

そんな会社すぐに逃げ出してしまいましょう。

5. 給料が低すぎて会社に行きたくない

「えっ?あれだけ頑張ったのに、たったこれだけ…?」

給与明細をみてがっかりした経験はありませんか?

日々、職場で頑張っているあなた。
あるときは無茶ぶりをしてくる上司の為、あるときは目の前のお客様の為、必死になって働いてきたはずです。

それなのに、たったこれだけでどうやって生活するんだと、給料日のたびに途方に暮れるのは悲しすぎますよね。

欲しいものや行きたい場所は沢山あるのに、それらを我慢しながら、毎日の辛い労働に耐えなくてはならないなんて…

「来年こそは、給料上げるから!」その言葉を信じ、ひたすら頑張ってきたのに、毎年ほとんど変わらない給料。

その一方で、会社の業績ばかりが伸びてばかりいると、一体何のために頑張っているんだろう…と、ため息ばかりついてしまいますよね。

低すぎる給料のまま、頑張り続けるのは限界があります。会社に行きたくないと考えるのも、無理はありません。

6. ただただ働きたくなくて会社に行きたくない

「働きたくない」と考えることは至って普通の感覚です。
誰だって働かずに遊んで生活できるのなら、その方が良いに決まっています。

一生懸命頑張ってきたのに、何も成果として返ってこないことが続けば、やる気だってなくなりますし、今の会社が本当に自分に合ってるかどうかも疑わしく思ってしまうでしょう。

そんな確信もない中で、働き続けることなんて無理です。給料も、人間関係も、仕事内容も上司のパワハラも、嫌な事ばかりが、目に付いてしまいまう状態ならば、それは純粋に働きたくない証拠です。

あなたの身体も休憩が必要なのと同じように、心にも休憩が必要です。

理由はなんだかわからないけど、会社にだけは行きたくない。そんな人は無理して会社にいく必要はありません

吐き気、死にたいと感じるなら危険。うつ病の可能性もあるので退職しましょう

あなたは会社に行くことを考えたり、出勤の為に身支度を整えている最中に、体調の変化を感じたことはありませんか?

吐き気を感じたり、心臓がドキドキしたり、喉につまりを感じるようであれば、うつ病の可能性があります。

また、通勤中に駅のホームで一瞬でも来る電車に飛び込みたいとか、走っているクルマに飛び込みたい衝動にかられたならば、それは「死にたい」願望です。

もし、少しでも心当たりがあるならば、それはうつ病予備軍と言えるでしょう。
とても危険な状態なので、いますぐ退職をオススメします。

冷静に考えてみてください。

朝起きて会社に行き、日中は働いて夜になったら帰る毎日を続けているだけなのに、「死にたい」と考えてしまうことは、異常です。

また、熱もないのに原因不明の吐き気や怠さといった身体の不調を感じているならば、それは身体からの自己防衛のサインです。

会社は休まずに毎日出勤することが美徳とされていますが、そんな常識に縛られて身体を壊してしまったり、本当に自ら命を経ってしまうのは本末転倒です。

身体からのサインを見逃さずに、今すぐに退職しましょう。

【TVでも話題】退職代行サービスで明日から会社を辞められる

まだまだ記事は続きますが、ここまで読み進めて「会社を辞めたい」という気持ちが強くなった人には退職代行サービスがおすすめです。

退職代行とは、本人に代わって、業者が退職の意思を伝えてくれるサービスです。
主に次のようなメリットがあります。

  • 退職代行業者への依頼は、LINE・メール・電話でOK
  • 上司に一切顔を合わせずに辞められる
  • 依頼して即日退職できる

今ではNHKなど有名なメディアに取り上げられているので、名前を聞いたことがある人は多いかもしれません。

ここではオススメな退職代行サービスを3つ紹介します。

1. 【業界最安値】退職代行SARABA

料金 28,000円 (業界最安値)
対応時間 24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能)
支払い方法 銀行振込 クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 当サイト1番のおすすめ退職代行
  • 24時間365日対応
  • 明日からでも退職できる
  • 業界最安値の29,800円
  • 行政書士完備
  • 労働組合が運営しているので安心
SARABAさんは当サイトで一番おすすめしている退職代行サービスです。電話でのインタビューにも丁寧にご回答いただき、非常に好印象な会社でした。

業界最安値の3万円で、24時間365日対応してくれるのはSARABAさんだけです。

今すぐ連絡すれば明日にでも退職できる素晴らしいサービスです。退職代行サービスで迷っているのであればSARABAさんを選べば間違いありません!

2. 【実績14年】ニコイチ

料金 28,000円
対応時間 7:00~23:30
支払い方法 銀行振込
クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 創業14年の老舗
  • 業界最安値の28,000円
  • 退職率100%(2019年11月現在)
  • 退職成功者7500人突破
  • 心理カウンセラー在籍

創業14年の老舗です。日本で一番はじめに退職代行サービスを行っており、今までに4000人以上の退職を代行。
心理カウンセラーの方が相談に乗ってくれたりと手厚いサポートが特徴です。

対応時間が7時〜23時30分ですが、業界最安値の28,000円は魅力的です。

【無料】転職支援リスタート

対応時間 24時間365日対応
料金 無料
転職支援 あり
特徴
  • 無料の転職支援サービス
  • 20代限定
  • 転職支援あり
リスタートは転職会社として有名なUZUZの新サービスです。

特徴は大きく分けて2つ。

1つ目は費用が一切かからず無料であるということ。なぜ無料かというと、元々転職会社なので退職した方がそのままお客さんになってくれるからです。 これはユーザーにとっても嬉しいとこ。「ブラック企業排除!」を宣言しているUZUZで転職支援を行ってもらえるのできっと、より良い環境の会社に巡り会えるはずです。

2つ目の特徴は退職代行ではなく、退職支援であるということ。つまり、退職に対するアドバイス(即日退職も含め)は完全にサポートしてくれますが、最終的には自分で退職を伝える必要があります。

他の退職代行サービスとは大きく違いますが無料というのは嬉しいですね。さらに転職支援も付いているので、20代の方にはおすすめです!

 

精神的にもう限界。そうなる前に転職を!

会社に行けないのも、行きたくないのもあなたが悪いわけではありません。「自分の気合が足らないから・・・。」そう考えている人こそ、要注意です!

あなたのやる気が低いのではなく、上司の管理能力が低いのが問題

本来、上司といわれるマネジメントを任される立場は、部下の能力を引き出して、会社として掲げた目標を達成することです。

パワハラまがいのプレッシャーをかけないと部下を動かせないのは、あなたの能力が低いからではなく、上司が無能だからです。

上司であるという立場を利用し、暴言・暴力によって強制的に無理を強いるのは、本来のマネジメントではありません。

有能な上司ならば、たとえ達成不可能と思えるような会社の目標でさえも、部下を鼓舞して「無理かもしれないけど、頑張ろう!」と思わせてくれるはずです。

会社に行きたくないどころか、むしろ「また明日も頑張ろう!」と思わせ、気持ちよく働かせてくれるはずです。

あなたが身体の不調を感じて会社に行きたくないと思うならば、それはあなたの自己管理能力の問題ではなく、上司のマネジメントが下手くそで、
あなたの身体の自己防衛本能が働いているだけなのです。

うつ病は心じゃなくて脳の病気!
一度なってしまうと完治するまで数年かかる場合も

身体は悲鳴をあげているのに、頑張り続けてしまうと「うつ病」を発症します

うつ病は「心の風邪」と解釈され、気持ちの持ちようで何とかなると思われてしまいますが、それは大きな間違いです。

うつ病とは心ではなく脳に直接関わる病気です。
仕事を通じたストレスによって脳がダメージを受け、脳が正常に働かずに身体の不調を訴える場合があるのです。

単なる風邪であれば、薬を飲んで数日休めば回復し、日常生活に復帰できます。

しかし、一度不調となってしまった脳は、簡単に回復しません。
休養を取ることはもちろん、投薬やカウンセリングなど、多くの時間を要します。また、仮に完治してもまたストレス環境に晒されると再発する恐れもあるのです。

そんな状況ですから、うつ病経験者は再就職にも不利と言わざるを得ません。
会社としても、うつ病を再発させない為に配慮する必要があるからです。あなたの経験や人柄が素晴らしいものだとしても、うつ病だった事を理由に採用されない事だってあるのです。

厳しいですが、これが現実。
一度うつ病を発症してしまったら、簡単に治すことは難しいです。
うつ病になってからでは遅いのです。

会社に行けないのは、うつ病の一歩手前である可能性だってあるのです。
もし、うつ病になったとしても、今の会社は責任をとってくれません。働けなくなったあなたの代わりに、新しい社員を雇って、淡々と業務を行うだけなのです。

もし、仮にうつ病になってしまったのなら、多大な時間と労力をかけて克服するのはあなた自身ですし、再発防止の為に自己管理を続けていくのもあなた自身なのです。

うつ病の原因をつくった会社は、あなたを助けてくれることはありません。

そうなる前に必ず退職&転職をしましょう。

3年以内の離職率は30%〜40%!退職することは悪いことじゃない

厚生労働省が発表しているデータによれば、卒業後に入社した会社を3年以内に辞めるのは大卒で約30%、高卒では約40%と言われています。

また、毎年発表されている平均離職率は例年15%前後を推移しており、2〜3人に1人は退職を経験していると言っても過言ではないのです。

「石の上にも3年」なんてのは過去の話です。
自分にあった職場かどうかなんて3年どころか3ヶ月以内でわかるはず。

「一度入社した会社をすぐ辞めるだなんて、みっともない。」
親や友達はそう言うかもしれませんが、そんな古い価値観に縛られる必要はありません。

その職場で働くのは親や友達でもない、当事者の自分自身です。
世間では大半の人が退職を経験しているのに、他人の価値観を受け入れて退職を我慢する必要はないのです。

退職することに罪悪感をもつ必要はありません。
むしろ、無理して会社に行って体調を崩し、あなたの大切な人生の時間を浪費してしまうほうが、もっといけない事なのです。

お金より身体の心配。失業保険でお金をもらいながら転職活動を!

会社を辞めてしまったら、明日からの生活はどうするの?

心配は無用です。日本には失業保険という制度があるので、退職後の一定期間、条件さえ満たせば給付金が支給されます。

「そんな都合の良い話があるの?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。あなたも給付金を得るために、雇用保険を支払ってきたのです。

毎月の給与から天引きされているのは税金だけではありません。
失業したときに困らないよう、みんなで助け合う為に、雇用保険として少しづつお金を払ってきたのです。

だからあなたも失業保険を利用することができます。近くのハローワークで手続きを開始し、一定条件を満たせば誰でも給付金を受けられます。

このように、お金に関しては意外にもどうにか出来るものです。
むしろ、どうにもならないのは健康面です。

健康は一度失ってしまうと取り戻そうとするだけで、お金も時間もかかります。

無理をして会社に行ってお金を得て、心身の健康を損なうくらいならば、
失業保険を利用して、給付金を得ながら心身の健康を維持する方が、合理的な選択だと思いませんか?

【明日から会社に行かなくてOK】退職代行でサクッと会社を辞めよう

繰り返しになりますが、会社を今すぐ退職したい人には退職代行サービスがオススメです。

退職代行とは、本人に代わって、業者が退職の意思を伝えてくれるサービスです。
主に次のようなメリットがあります。

  • 退職代行業者への依頼は、LINE・メール・電話でOK
  • 上司に一切顔を合わせずに辞められる
  • 依頼して即日退職できる

今ではNHKなど有名なメディアに取り上げられているので、名前を聞いたことがある人は多いかもしれません。

最後にオススメな退職代行サービスを3つ紹介します。

1. SARABA

料金 28,000円 (業界最安値)
対応時間 24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能)
支払い方法 銀行振込 クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 当サイト1番のおすすめ退職代行
  • 24時間365日対応
  • 明日からでも退職できる
  • 業界最安値の29,800円
  • 行政書士完備
  • 労働組合が運営しているので安心
SARABAさんは当サイトで一番おすすめしている退職代行サービスです。電話でのインタビューにも丁寧にご回答いただき、非常に好印象な会社でした。

業界最安値の3万円で、24時間365日対応してくれるのはSARABAさんだけです。

今すぐ連絡すれば明日にでも退職できる素晴らしいサービスです。退職代行サービスで迷っているのであればSARABAさんを選べば間違いありません!

2. 【実績14年】ニコイチ

料金 28,000円
対応時間 7:00~23:30
支払い方法 銀行振込
クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 創業14年の老舗
  • 業界最安値の28,000円
  • 退職率100%(2019年11月現在)
  • 退職成功者7500人突破
  • 心理カウンセラー在籍

創業14年の老舗です。日本で一番はじめに退職代行サービスを行っており、今までに4000人以上の退職を代行。
心理カウンセラーの方が相談に乗ってくれたりと手厚いサポートが特徴です。

対応時間が7時〜23時30分ですが、業界最安値の28,000円は魅力的です。

【無料】転職支援リスタート

対応時間 24時間365日対応
料金 無料
転職支援 あり
特徴
  • 無料の転職支援サービス
  • 20代限定
  • 転職支援あり
リスタートは転職会社として有名なUZUZの新サービスです。

特徴は大きく分けて2つ。

1つ目は費用が一切かからず無料であるということ。なぜ無料かというと、元々転職会社なので退職した方がそのままお客さんになってくれるからです。 これはユーザーにとっても嬉しいとこ。「ブラック企業排除!」を宣言しているUZUZで転職支援を行ってもらえるのできっと、より良い環境の会社に巡り会えるはずです。

2つ目の特徴は退職代行ではなく、退職支援であるということ。つまり、退職に対するアドバイス(即日退職も含め)は完全にサポートしてくれますが、最終的には自分で退職を伝える必要があります。

他の退職代行サービスとは大きく違いますが無料というのは嬉しいですね。さらに転職支援も付いているので、20代の方にはおすすめです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です