【体験談】工場を辞めたい理由と3つの対処法!退職したあとの転職先も紹介

工場の仕事が辛くて辞めたいという方に向けて、この記事を書きました。工場勤務ってかなりしんどいですよね。

私自身も現場で働いていたので、その大変さがわかります。現在は事務に部署異動したので以前よりは楽ですが、現場の時は心も体も本当につらかったです。

今回は、工場で働くのが嫌で仕方ないという方のために

  • 辞めたい理由
  • 向いていない人の特徴
  • 対処法
  • 転職先

など様々な面から解説していきますね。

この記事は、工場がハードで辞めたいという方の悩みを、少しでも軽くできるように書いていきたいと思います。

工場を辞めたい理由5選

なんとなく工場の仕事を辞めたいと感じている方は、最初に理由を整理してみましょう。原因がわかれば、対処方法も考えやすくなりますよね。

ここでは工場を辞めたい理由として多いものを5つ紹介します。

  1. 体がつらい
  2. 危険な作業がある
  3. 繰り返し作業がきつい
  4. 休みにくい
  5. 責任がプレッシャーになる

自分が嫌だと感じるのはなぜか、考えながら読んでみてくださいね。

工場を辞めたい理由1:体が辛い

シンプルな理由だけど一番辞めたいと思ったのは体が辛い事です。

特に仕事を始めた最初の1週間とかは、本当に地獄ですよね。

  • ずっと立ちっぱなし
  • 中腰の姿勢
  • 重い物を持つ

など、しんどい作業ばかり。

せっかくの休日も体力回復のために寝て過ごしてしまって、友人と遊んでリフレッシュすることもできません。

逆に休日を遊んで過ごしてしまうと、次の日の仕事は本当に大変でした。

工場を辞めたい理由2:危険な作業がある

工場では、機械や重い物を取り扱っているところも多くあり、危険な作業が結構多いです。

手を挟んだり、もっと重大な怪我に繋がったりする仕事もありますよね。

私の働いている工場でも、指を挟んで骨折してしまった人が何人かいます。最近でも事故にあった方を見るたびに、とても怖いなと思います。

危険な作業で怪我をするのは初心者だけではありません。慣れているベテランの方でもリスクがあるので、事故の話を聞くたびに「もうやりたくないな」と思ってしまいます。

工場を辞めたい理由3:同じことの繰り返し

工場で働きだしたら、ずっと同じことの繰り返しです。基本的には任された仕事を毎日担当するので、変化がありません。

慣れていないと効率が悪かったり、ミスの原因になったりするため、同じ作業を繰り返しやって、専門的にする方が会社的にもいいんでしょうね。

毎日代わり映えのしない仕事では、飽きてくるし、時間は長く感じるしでもう最悪です。

工場を辞めたい理由4:休みづらい

工場で働いていて自分担当のラインが決まっている場合だと、とても休みづらいです。1人1人が担当のラインで作業をしているので、自分の所をできる人が他にいない状況だと、休むことができません。

もし代わりがいたとしても、その人も任されている仕事があるので、他の人の作業が増えてしまい迷惑をかけてしまいます。

なので、相手の気持ちを考えることができる優しい人ほど、休みずらくなってしまうんですよね。

工場を辞めたい理由5:責任感がすごい

工場では、お客様に売る製品や商品を作っているので、自分が作っているものに対して責任感が必要です。

もし不良品を作ってしまった場合は、あとで全部検品になったりロット全体が廃棄になることも。コストのことを考えても、周りへの迷惑を考えても憂うつになりますね。

正直、役職にもついていないのに責任感ばかりすごいと、精神的にも辛くなってしまいます。

工場に向いてない人の特徴3選

工場の仕事は向き不向きがはっきりと別れます。性格的に合わないと辞めたいと思う原因になるでしょう。

ここでは、工場勤務に向いていない人の特徴を3つ紹介します。

  1. 仕事を通して成長したい人
  2. 飽き性な人
  3. 楽な仕事をしたい人

それぞれ具体的にみていきましょう。

工場に向いてない人の特徴1:仕事を通して日々成長したい

仕事を通して日々成長したいという人は、工場の仕事は向いていません。

基本的に同じ仕事の繰り返しになるので、成長を感じにくいのです。

また、自主的に機械などの勉強をしても、昇給するのは年功序列。知識よりも年次が優先されるので、成長欲も徐々に削がれてしまいます。

新卒で入社して5年働いてやっと班長、さらに5年で係長と、上の仕事を任されるまでには時間もかかります。

なので、年功序列で昇給するのではなく、自分の実力でどんどん成長していきたいという人には向いていませんね。

工場に向いてない人の特徴2:飽き性な人

工場のライン作業では、毎日自分の担当する同じ仕事を繰り返しやります。単純作業が好きな人にはいいかもしれませんが、飽き性な人にはかなりきついですね。

私自身も飽き性なのですが、同じ場所にとどまってずっと作業をしていると、本当につらくて時間が長く感じました。

工場に向いてない人の特徴3:楽な仕事をしたい人

楽な仕事をしたい人にも、工場の仕事は向いていません。

機械が増えて、人間は楽になってきているとはいえ、まだまだ現場の仕事はつらいです。体に負担のかかる姿勢での作業や、重いものの移動など、体力が問われます。

我慢しながらきつい工場で働いているなら、探してみれば、他にもっと楽な仕事はありますよ。

工場を辞めたいときの対処法3選

性格的にあっていなかったり、仕事が嫌になったりしたときの対処法を3つ紹介します。

  1. 上司に相談
  2. さぼる方法を探す
  3. 辞める

具体的に見ていきましょう。

工場を辞めたいときの対処法1:上司に相談

工場を辞めたいと思ったら、上司に相談してみるのがいいですよ。

  • 残業時間
  • 仕事内容
  • 休みが取りにくい

など、自分がきついとか、変えてもらいたいなと思っている事をまずは相談してみましょう。

良い上司なら、改善をしてもらえるかもしれませんよ。

ですが、上司が怖くて相談しづらい場合もあるので、そう簡単にはいきませんよね。

工場を辞めたいときの対処法2:さぼる方法を探してみる

工場が辞めたくてしょうがないときは、さぼる方法を探してみるというのもいいですよ。

例えば、ばれない程度に作業をゆっくりやってみたり、トイレのふりをしてみたり。

毎日の仕事を少しずつさぼることで、心も体も結構楽になりますよ。

ただ、さぼるときに重要なのが、ばれない程度にするということです。さぼりすぎて人に迷惑をかけないようには気を付けましょうね。

工場を辞めたいときの対処法3:思い切って辞める

結構勇気はいりますが、思い切って辞めるというのもありですよ。辛いのに改善もしてもらえないし、さぼることもできなくてどうしようもなかったら、思い切って辞めましょう。

探せばいくらでも転職先はありますし、辛いまま働いていてはあなた自身が大変な思いをします。

私が働いている工場も結構人の入れ替わりが激しく仲のいい人が辞めていますが、転職を後悔している人はいませんね。

20歳くらいの若手から40代のベテランまでいましたが、皆さん新しい仕事をすぐに見つけていたので、年齢もそこまで気にする必要はないですよ。

工場を辞めた後の主な転職先

 

ベテランの方の場合は、同じ業界の工場が主な転職先です。

長年働いて得たスキルを活かして、即戦力として働くことができるのがメリット。工場が変われば労働条件がよくなったりや給与アップしたりする可能性がありますよね。

私の職場で働いていた人の中でも、同じ業界の工場に転職をして給料が上がったという人がいます。未経験からだと難しい作業も多いので、経験者なら狙い目です。

現場での勤務はいやだけど今までの経験を活かしたいという方は、品質管理関係や購買関係の仕事を選ぶこともできますね。

20代ならば、工場以外も含めて幅広い業界に転職しています。

今の仕事にとらわれる必要はありません。工場が合わないならば、自分のやりたい仕事をもう一度考えてみてください。

これから何かを始めても経験を積む時間はたくさんあります。キャリアについて考えなおすチャンスですよ。

工場を辞めたくても辞められない場合

 

今の工場がどうしても嫌だったり、やりたい仕事があったりするならば、早めに退職することをおすすめします。毎日ダラダラと仕事を続けるのはもったいないです。

  • 上司に言いづらい
  • 周りに迷惑をかけてしまう
  • 辞めさせてもらえない

など、人それぞれ理由はあると思います。しかし、辞めたいと毎日思いながら過ごすのはストレスですよね。

辞めたことによって仕事が回らなくなるのは、あなたのせいではなく会社の責任です。自分のためにもっとやりたいことをしましょう。

退職代行サービスならば明日から会社を辞められる

ここまで読み進めて「会社を辞めたい」という気持ちが強くなった人には退職代行サービスがおすすめです。

退職代行とは、本人に代わって、業者が退職の意思を伝えてくれるサービスです。
主に次のようなメリットがあります。

  • 退職代行業者への依頼は、LINE・メール・電話でOK
  • 上司に一切顔を合わせずに辞められる
  • 依頼して即日退職できる

今ではNHKなど有名なメディアに取り上げられているので、名前を聞いたことがある人は多いかもしれません。

ここではおすすめな退職代行サービスを4つ紹介します。

【当サイト一番のおすすめ】SARABA

料金 27,000円 (業界最安値)
対応時間 24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能)
支払い方法 銀行振込 クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 当サイト1番のおすすめ退職代行
  • 24時間365日対応
  • 明日からでも退職できる
  • 業界最安値の27,000円
  • 行政書士完備
  • 労働組合が運営しているので安心
SARABAさんは当サイトで一番おすすめしている退職代行サービスです。電話でのインタビューにも丁寧にご回答いただき、非常に好印象な会社でした。

業界最安値の27,000円で、24時間365日対応してくれるのはSARABAさんだけです。

今すぐ連絡すれば明日にでも退職できる素晴らしいサービスです。退職代行サービスで迷っているのであればSARABAさんを選べば間違いありません!

【弁護士が対応する退職代行】汐留パートナーズ

料金 54,000円
対応時間 10:00~21:00
クレカ決済の有無  無
返金保証の有無  無
特徴
  • 即日退職に対応
  • LINE、メールからの相談料は無料
  • 損害賠償請求など法的な対応もお任せ
  • 未払い給与、退職金などの請求は着手金無料
実績のある弁護士に依頼したいなら、「汐留パートナーズ法律事務所」がおすすめです。全国対応可能で、LINE、メールから無料で相談できます。

また、「相談したとき返事が返ってくるのが早い!」という口コミが目立ちました。今すぐ不安を解消したい人は、問い合わせてみましょう。

【20代限定 無料の退職支援】リスタート

対応時間 24時間365日対応
料金 無料
転職支援 あり
特徴
  • 無料の転職支援サービス
  • 20代限定
  • 転職支援あり
リスタートは転職会社として有名なUZUZの新サービスです。

特徴は大きく分けて2つ。

1つ目は費用が一切かからず無料であるということ。なぜ無料かというと、元々転職会社なので退職した方がそのままお客さんになってくれるからです。 これはユーザーにとっても嬉しいとこ。「ブラック企業排除!」を宣言しているUZUZで転職支援を行ってもらえるのできっと、より良い環境の会社に巡り会えるはずです。

2つ目の特徴は退職代行ではなく、退職支援であるということ。つまり、退職に対するアドバイス(即日退職も含め)は完全にサポートしてくれますが、最終的には自分で退職を伝える必要があります。

他の退職代行サービスとは大きく違いますが無料というのは嬉しいですね。さらに転職支援も付いているので、20代の方にはおすすめです!

 

【カウンセラー兼弁護士が在籍】Jobs

運営会社 株式会社アイリス
利用料金 29,800円(税込)
※期間限定価格
対応時間 24時間
支払方法 銀行振込 クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • セラピストの資格を持った弁護士が在籍
  • 退職後の不安も相談OK!しかも無制限
  • 24時間対応!深夜でも相談OK
セラピストによるカウンセリングを用意した退職代行サービスは退職代行Jobsしかありません。
ちなみに病院などでカウンセリングを受ける場合、1回50分で7,000円~10,000円。
退職後のお金が心配な時期に、無料で悩みを相談できるのは嬉しいですよね。


24時間365日対応ですので今からでも退職の相談にのってもらえます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です